大学の先生は自営業とサラリーマンの良いとこどり

By | 2013年8月30日

大学の先生は自営業とサラリーマンの長所を併せ持った良い職業ですいわゆる士業といわれる職業についている夫です。

なので、おそらく世間からすれば
収入も含め社会的地位に関しても
充分とみられているのではと思います。

ですが妻である私からすると、
密かに様々な不満があります。

まず1つめに、夫は開業をしているため現在こそ、
そこそこの収入を頂いていますが
先の保証が全くないと言う事です。

先の保証が全くなくても、
現在の収入が相当あれば
それを蓄えておくという手もあるのですが、
収入に関してはおそらく大企業のサラリーマン程度
なのではないかと思います。

うちの父もそうだったのでわかるのですが、
大企業のサラリーマンならば病気で休んだ時の保証や
退職金もあります。

ですが、我が家は自営業のため、
そういった万が一の保証は全く望むことができません。

その事を友人に言うと
「でも、お宅はご主人に定年がないから良いじゃない」と言われます。

ですが、それも私から言わせれば
夫が病気を全くしないで長生きできればこその話で、
体を壊せば明日にでも収入を得られなくなる可能性がある訳です。

とは言えども、年金を満額もらえるかどうかも怪しいこのご時勢、
60歳を過ぎてからも仕事の心配がないのは、
ありがたいといえるかも知れません。

なので、なるべく夫には健康で
長生きをしてもらわなければと常々思っているため、
私は栄養のバランスの良い美味しい食事を作るように心がけています。

もしもう一度配偶者または自分の職業を選べるならば、
大学の先生が良いです。

年収的には大企業のサラリーマン程度かもしれませんが、
何よりうちの夫とは違い万が一の保証がある事。
(退職金も)副業が可能である事。
多くの大学では定年が70歳近くなので、
それまで働いて収入を得てくれる事からです。

大学の先生は、収入的にサラリーマンと
自営業の良さを併せ持った職業なのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です